ピアノが上達するための実は見落としがちな本質

大塚直子 ピアノ教室

 

ピアノの音色は絵画の色彩のように豊かなものです。実は1つの音の中にも、さまざまな色が隠されています。それが周波数の比率が倍になる音同士で共鳴しあう「倍音」というものです。子どもの聴覚は大人よりも優れていると言われています。そのため、小さい時からピアノのお稽古を通して音をよく聴いていると、このような隠れた音の色を感じることがあります。ピアノ特有の倍音は、曲を演奏するときに響きを豊かにする役割があります。

 

ピアノの倍音を確かめてみたいときは、このような方法を試してみてください。まず、音が鳴らないように低いドをおさえます。そして低いドをおさえたまま、その1オクターブ上のドやソを強く短く鳴らしてみると、調律のよいピアノの場合、隠れていた他の音も聴こえてきます。

 

written by 細田隆成

 

#ピアノ #ピアノ教室 #ピアノレッスン #習い事 #おけいこ #幼児教育 #大塚ピアノ教室 #目黒区 #碑文谷 #サレジオ幼稚園 #円融寺幼稚園 #目黒星美学園