ベートーベン「エリーゼのために」 レッスン

ベートーベン「エリーゼのために」のレッスンをしている生徒さんです。

第2展開部は右手の和音でメロディーが構成されているので流れを止めないで和音の一番上の音を弾くのが重要です。

手首をかたくしないでしかも指使いを正しく音の長さを維持して音を出しながらフレーズに気を配りながら練習しましょう。

今日のレッスンを受けている生徒さんは、私がこんな感じでと弾き方を一度示したらそれをすぐ理解してくれてスムーズにレッスンを進める事ができました。

小さい頃から毎週のレッスンに真剣に取り組んでいてくれています。

最近ではタッチの仕方や手首の使い方などもどんどん学習してとてもいい音で流れよく弾けるようになりました。