音符カードを使って譜読みの練習

音符カードを使って譜読みの練習をしている小学1年生の有くんです。
ピアノを習いはじめていちばん最初に生徒さんが苦労するのが音符を覚えるという事です。
まずそれが出来るようにならないと曲を弾くこともできません。
それほど重要な事なのですが初心者にとってはなかなかの苦労を要します。
ピアノを習い始めのお子さんは慣れてしまえば、あっという間に譜読みが出来るようになります。
それには音を読むという作業が嫌いにならないように音符カードを使ってゲームをするような感覚で楽しく覚える方法があります。
有くんは2、3回の練習で、すぐにリズムよく音譜カードを次々に言い当てる事が出来るようになりました。
お家でのレッスンもいつもちゃんとしていて、ピアノを始めて半年もたっていないのですが、 どんどん上手になっている頑張り屋さんです。