ドビュッシー『前奏曲集第1巻』より

「沈める寺」は、フランス・ブルターニュ地方の伝説に基づいて作曲されています。海底に沈んでしまった大聖堂が姿を現し、再び消えていく様子を描いています。その描写の中で、象徴となっているのが鐘の音です。何層にも重なった音が平行に移動するなど、極めて奇抜な和声進行をとっているにもかかわらず、壮大なスケールと響きの美しさが魅力的な作品です。

 

音高・音大受験担当 : 細田隆成