フォーレ「ドリー組曲 Op.56より 第1曲 子守唄」連弾セッション

曲名のドリーとは、フォーレが親しくしていたバルダック家の娘エレーヌの愛称のことです。フォーレは彼女の誕生日に毎年1曲ずつ曲を贈っており、最終的には全6曲からなる曲集として出版しました。この第1曲は子守唄という標題を有し、ゆりかごで眠る赤ん坊のドリーを描写しているような作品です。単一主題が繰り返される中で、声部転換やカノンなどの手法を用いており、連弾作品としての魅力が前面に出されています。

連弾している相手は、音高・音大受験担当の細田君。