ブルグミュラー「アラベスク」レッスン

5年生の明莉ちゃんが大好きな曲で、頑張ってレッスンしてとてもきれいに弾けるようになりました。
明莉ちゃんは、レッスンの時はいつも真剣にその曲をどのように弾いたらもっと良くなるかを考えていて、私が「いいですよ」と言っても、「もう一度弾いてもいいですか?」と自分の理想とする音楽をどうやったら表現できるか考えることができる生徒さんです。
バラードも、強弱を考えないで全体をメゾフォルテで、スタッカートで抑揚なく弾いてしまう生徒さんが多いなか、明莉ちゃんは自分で何度も練習するうちにバラードの意図する雰囲気を感じとり、レガートとスタッカートの変化をペタルを上手に使って表現してくれました。